おすすめのBL(ボーイズラブ)漫画 

面白かったBL漫画をレビュー、紹介するブログです

終わらない不幸についての話 緒川千世

こんにちは。

緒川先生の人気作品「誤算のハート」の烏堂のお兄さんのお話しです。
三城と烏堂弟カップルも登場する嬉しい作品になっています。
「誤算のハート」の短編も入って大満足の1冊です!


f:id:sasoux:20181009150820j:plain


終わらない不幸についての話
緒川千世

あらすじ
彼の好みは、小さくて可愛らしい女の子。彼より長身で男の自分は、何もかもが理想にはほど遠い――絶望的な恋だった。中学の頃に密かに好きだった清竹と、予期せず合コンで再会した烏童。昔と変わらず清竹はまっすぐで、すっかり遊び人になった自分はやっぱり彼に相応しくない。けれど燻る想いに突き動かされ、烏童は清竹と強引に身体を重ね…。苦い片恋の行く先は――。「誤算のハート」の短編も収録。


読んでもらいたいと思って紹介させていただいていますので、ふわっとしたレビューを心掛けています。
それでも多少のネタばれが含まれていますのでよろしくお願いいたします。

↓ここからはネタばれ注意です!



烏堂は彼女を奪ったことがきっかけで疎遠になった清竹と8年ぶりに合コンで再会します。

酔いつぶれた清竹の意識のないうちに烏堂は体を重ねます。

烏堂は清竹を8年間思い続けていたのでした。

烏堂はその思いを終わりにするために告白をします。

この告白シーンが切なく、胸がしめつけられます。

清竹の返事に烏堂は恋を終わらせられなかったままですが連絡を取り合うことなく月日が流れます。

久しぶりに会った清竹は付き合っているつもりでいたことに烏堂は驚きます。

ノンケなのに烏堂を受け入れようとする清竹を大事に思うからこそ逃げようとしますが烏堂は不幸を選択します。

ラストシーンに烏堂の思いが綴られてて純愛に感動させられます!

烏堂は見た目と違い本当に健気で可愛い人。
「清竹のためなら」という思いが痛いほど伝わってきます。

すごい素敵なお話しでした。

誤算のハートの短編では、三城の黒髪メガネが見れて嬉しいです!
相変わらずラブラブ!