おすすめのBL(ボーイズラブ)漫画 

面白かったBL漫画をレビュー、紹介するブログです

ネオンサインアンバー おげれつたなか

こんにちは。

BL好きなら、おげれつたなか先生のエスケープジャーニーを好きな人は多いと思います。
私も大好きです!
エスケープジャーニーをきっかけに、おげれつたなか先生の作品を楽しみにしています。

今回はこちら。


f:id:sasoux:20181009054114j:plain


ネオンサイン・アンバー
おげれつたなか

あらすじ

床ごと鼓動しているようなクラブで緒方(おがた)は、客のひとり、サヤと出会った。サヤはいつも違う女を連れた、アンバー色の肌をしたギャル男。正直、苦手なタイプだった。ところが、偶然サヤに金を貸し、お礼に手料理の朝食をおごってもらうことになる。真夜中に見る軽薄なサヤとはちがう、ていねいに作られた食事。緒方は加速度的にサヤに惹かれるが――。「ごめん」というひとことが胸にささる、おげれつたなかの真夜中生まれの恋の物語!


読んでもらいたいと思って紹介させていただいていますので、ふわっとしたレビューを心掛けています。
それでも多少のネタばれが含まれていますのでよろしくお願いいたします。

↓ここからはネタばれ注意です!



サヤにお金を立て替えた分、朝食で返してもらうことになった緒方。

一瞬に過ごすうちにサヤがだんだんと可愛いと思うようになります。

サヤは好きな人に告白したのをきっかけに周りにゲイを理解してくれる人がいなくいじめにあい辛い学生生活を送った過去を持っていました。

そんなサヤの裸を見た時に緒方は可愛いくて触りたかったはずなのにできないと感じて「ごめん」とつぶやきます。

サヤを傷つけてしまった緒方はもうサヤとは距離をとった方が良いのか思い悩むのです。

ノンケの緒方の葛藤が丁寧に描かれていました。

最初は男の子とのHにとまどうあたりリアルさを感じます。

そしてサヤの抱える過去の心の傷には切ない気持ちになりました。
そのあたりも丁寧に描かれてますのでちょっとダークな雰囲気ですが後半はほんわかさせてくれます。

Hシーンもしっかり目ですよ。